サポートに連絡する| システムステータス
ページコンテンツ

    パフォーマンスレポートリファレンスの

    このトピックでは、Analyticsモジュールの一部として提供されるパフォーマンスレポートについて学習します。
     

    アナリティクスデータは、ネイティブプレーヤー SDK によって提供されるものを含め、ブライトコーブプレーヤーによって自動的に送信されます。あなたがいる場合いいえ Brightcoveプレーヤーを使用してVideoCloudビデオを配信するには、データをデータコレクターに送信するために使用しているプレーヤーをインストルメント化する必要があります。概要を参照してください。詳細については、データ収集 APIのトピックを参照してください。

    パフォーマンスレポートを表示するには、分析モジュールを開いて、パフォーマンス左側のナビゲーションから。レポートには、選択した期間の 1 日あたりの合計ビデオ視聴数を示すグラフが表示されます。ドロップダウンリストを使用して、別の指標を選択できます。

    • 動画再生回数 -ストリーミングが開始されたときに録画された動画の再生回数です(巻き戻しや再生は含まれません)。個々の視聴者の指標ではありません。プリロール広告を含む動画の場合、動画が遊びます
    • 動画のインプレッション数 -動画が読み込まれ、インタラクションの準備が完了した回数
    • 再生率 -実際に再生された動画の割合(動画再生回数/動画インプレッション数)
    • 閲覧時間(分) -ビデオが視聴された分数
    • エンゲージメントスコア -動画視聴あたりの平均視聴率(すべての視聴率を動画再生数で割って算出)
    • 毎日のユニークビューア -視聴者のIPアドレスとユーザーエージェントを使用して計算されます。ブライトコーブは、クッキーがブラウザによってブロックされるようになっているため、サードパーティクッキーを使用しないという決定を下しました。デイリーユニークビューアーは、アカウントまたはビデオレベルで利用できます。このメトリックは、ビデオ(またはその他)でフィルタリングする場合は使用できません。さらに、ブライトコーブはユニーク視聴者をIPアドレスではなくお客様が提供した値に基づくようにする機能を提供しています。詳細については、 Analyticsイベントトラッキング開発者ドキュメントを参照してください。
    • ビデオ帯域幅 -ビデオのみの帯域幅が含まれます。帯域幅データは、3~5日遅れることに注意してください。
    • 合計帯域幅 -ビデオ、画像、プレーヤーの負荷の帯域幅が含まれます。帯域幅データは、3~5日遅れることに注意してください。

    デフォルトでは、レポートにはすべてのストリームタイプのパフォーマンスデータが表示されます。アカウントで Brightcove Live が有効になっている場合は、すべての動画、VOD アセット、ライブアセットのパフォーマンスデータを表示できます。[ ストリームタイプ]ピルをクリックして、選択を行います。

    report switcher

    グラフの下にあるレポートスイッチャーを使用すると、別のレポートにすばやく切り替えることができます。

    report switcher

    レポートスイッチャーの右側にあるドロップダウンリストを使用して、レポートディメンションを選択できます。パフォーマンスレポートでは、次のディメンションを使用できます。

    使用可能なディメンションは、選択したレポートに基づいて変化することに注意してください。レポートの下部には、表示する行の数を選択したり、他のページに移動するためのコントロールがあります。

    前の期間と比較する

    [前の期間と比較]チェックボックスを選択すると、前の期間のデータを表す点線グラフが追加されます。

    Compare previous period

    前の期間は、報告日範囲に現在選択されている範囲によって決まります。たとえば、過去 7 日間の日付範囲を選択した場合、前の期間は 2 週間前になります。週間の傾向を比較する場合は、完全な週をカバーする日付範囲を選択することをお勧めします。たとえば、月曜日から始まる日付を選択する場合は、終了日を日曜日に設定します。開始日が金曜日の場合は、終了日を木曜日に設定します。バーと破線の両方にマウスを置くと、日付および対応する値を表示できます。

    パフォーマンスレポートの詳細

    レポートの本文に表示される最初の列は、選択したレポートディメンション(動画名、プレイヤー名、国、デバイスの種類など)によって異なります。すべてのレポートには、次のデータが表示されます。

    • 動画再生回数 -ストリーミングの開始時に録画された動画の再生回数(巻き戻しまたは再生は含まれません)。個々の視聴者の測定値ではありません
    • 動画のインプレッション -動画がプレーヤーにロードされ、インタラクションの準備が完了した回数
    • 再生率 -動画を読み込んだ後に再生したユーザーの割合(動画視聴回数を動画のインプレッション数で割った値)
    • 閲覧時間(分) -ビデオが視聴された合計時間(分)
    • エンゲージメントスコア -動画視聴あたりの平均視聴率(すべての視聴率を動画再生回数で割って算出)

    [ ビデオ]ディメンションと [ 日]ディメンションにはその期間における1日の平均ユニーク視聴者数である [日次ユニーク視聴者] も表示されます。選択した。これは、ビューアの IP アドレスとユーザーエージェントを使用して計算されます。

    トラフィックソース

    トラフィックソース別のパフォーマンスを表示する場合、考えられるトラフィックソースは次のとおりです。

    • 紹介 -ユーザーが動画へのリンクをたどった
    • Direct -ユーザーがリンクを直接入力したか、リファラーを特定できませんでした
    • 安全な検索 -ユーザーはGoogleアカウントでログインし、検索を実行し、結果をクリックしました(有料またはオーガニック。検索情報はこの場合は含まれません)
    • オーガニック検索 -ユーザーが検索を実行し、結果をクリックして動画にアクセスした
    • 有料検索 -ユーザーが検索を実行し、有料の結果をクリックして動画にアクセスした

    デバイスタイプ

    パフォーマンス・レポートの中には、デバイス・タイプ別に表示できるものもあります。可能なデバイスタイプは次のとおりです。

    • デスクトップ -デスクトップコンピュータとラップトップコンピュータを含む
    • タブレット -iPad、Androidタブレットなどが含まれています。
    • モバイル -携帯電話
    • 接続テレビ/ゲーム機/コンパニオンデバイス -スマートテレビ、セットトップボックス、ゲーム機を含む
    • その他 -上記のいずれにもマッピングされていないユーザーエージェントの場合

    デバイスオペレーティングシステム

    パフォーマンスレポートの中には、デバイスのオペレーティングシステム別に表示できるものもあります。可能なオペレーティングシステムは次のとおりです。

    • アンドロイド
    • バダ
    • iOS
    • リナックス
    • OS X
    • リム
    • シンビアン
    • ウェブ OS
    • Windows
    • その他-上記のいずれにもマッピングされていないユーザーエージェントの場合

    デバイスの製造元

    パフォーマンスレポートの中には、デバイスのオペレーティングシステム別に表示できるものもあります。可能なデバイスメーカーは次のとおりです。

    • アップル
    • アマゾン
    • ASUS
    • ブラックベリー
    • 富士通
    • グーグル
    • ファーウェイ
    • HTC
    • 京セラ
    • レノボ
    • LG
    • マイクロマックス
    • マイクロソフト
    • 任天堂
    • パナソニック
    • ろく
    • サムスン
    • シャープ
    • ソニー
    • ヴィツィオ
    • ZTE
    • その他-デバイスの製造元を特定できないとき。その他が報告されている一般的なケースは次のとおりです。
      • デスクトップブラウザのユーザーエージェントがメーカーを示さない場合
      • ブライトコーブがデバイスの識別に使用するサードパーティがデバイスの詳細情報を持っていない

    ブラウザの種類

    パフォーマンスレポートの中には、ブラウザの種類別に表示できるものもあります。可能なブラウザの種類は次のとおりです。

    • クロム
    • エッジ
    • Firefoxの
    • インターネットエクスプローラー
    • オペラ
    • サファリ
    • その他すべて-上記のいずれにもマップされていないユーザーエージェントの場合

    ビデオ分析の表示

    ビデオディメンションを選択すると、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴回数がグラフに表示されます。このレポートでは各プレーヤーに対する動画の名前、動画のID、長さ、およびパフォーマンスの詳細が表示されます。

    Account Performance Report

    動画のリンクをクリックすると、その動画のパフォーマンスが表示されます。

    プレーヤー分析の表示

    Playerディメンションを選択すると、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴回数がグラフに表示されます。レポートの本体では、各プレーヤーについてパフォーマンスの詳細が表示されます。

    Player Performance

    プレーヤーのリンクをクリックすると、そのプレーヤーのパフォーマンスが表示されます。

    トラフィック分析のソースを表示する

    [ トラフィックのソース]ディメンションを選択すると、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴回数がグラフに表示されます。レポートの本文には、各トラフィックソースのパフォーマンスデータが表示されます。選択した期間内にデータがあるカテゴリーのみが表示されます。

    Traffic Performance Report

    トラフィックソースのリンクをクリックすると、選択したトラフィックソースに関するトラフィックソースパフォーマンスが表示されます。

    表示ドメイン分析の表示

    Display Domainディメンションを選択すると、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴回数がグラフに表示されます。レポートの本文には、表示ドメインのパフォーマンスデータが表示されます。表示ドメインとは、動画の視聴時に視聴者が使用していたドメインのことです。

    Traffic Performance Report

    表示ドメインのいずれかのリンクをクリックすると、選択した表示ドメインの表示URLが表示されます。

    国の分析を表示する

    国ディメンションを選択すると、グラフには、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴数が表示されます。レポートの本文には、動画が視聴された国ごとのパフォーマンスデータが表示されます。選択した期間内にデータがある国のみが表示されます。

    Country Performance Report

    個々の動画ではなく、アカウントのアナリティクスを表示している場合、いずれかの国のリンクをクリックすると、選択した国の地域別または都市別のパフォーマンスが表示されます。

    デバイス分析の表示

    デバイスディメンションを選択すると、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴回数がグラフに表示されます。レポートの本文には、ビデオの表示に使用されたデバイスタイプ-デバイスオペレーティングシステムの各組み合わせのパフォーマンスデータが表示されます。選択した期間内にデータがあるデバイスのみが表示されます。

    Device Performance Report

    デバイスタイプのいずれかのリンクをクリックすると、そのデバイスのオペレーティングシステムのパフォーマンスが表示されます。

    デバイスタイプ分析の表示

    デバイスタイプディメンションを選択すると、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴回数がグラフに表示されます。レポートの本文には、デバイスタイプ別のパフォーマンスの詳細が表示されます。選択した期間内にデータがあるカテゴリーのみが表示されます。

    Device Type Performance

    デバイスタイプのいずれかのリンクをクリックすると、そのデバイスのオペレーティングシステムのパフォーマンスが表示されます。

    デバイスOS分析の表示

    Device OSディメンションを選択すると、グラフには、選択した期間の 1 日あたりのビデオビュー数が表示されます。レポートの本文には、各デバイスのオペレーティングシステムのパフォーマンスデータが表示されます。選択した期間内にデータがあるカテゴリーのみが表示されます。

    Device OS Performance

    デバイスメーカーの分析を表示する

    [ デバイス製造元]ディメンションを選択すると、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴回数がグラフに表示されます。レポートの本文には、各デバイスメーカーのパフォーマンスデータが表示されます。選択した期間内にデータがあるデバイスのみが表示されます。

    Device Manufacturer Performance

    ブラウザタイプ分析の表示

    ブラウザータイプディメンションを選択すると、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴回数がグラフに表示されます。レポートの本文には、ブラウザの種類ごとのパフォーマンスデータが表示されます。選択した期間内のデータを持つブラウザのみが表示されます。

    Browser Type Performance

    日分析の表示

    Day ディメンションを選択すると、選択した期間の 1 日あたりのビデオ視聴回数がグラフに表示されます。レポートの本文には、各日のパフォーマンスデータが表示されます。選択した期間内にデータがある日のみが表示されます。

    Day  Performance

    フィルタの使用

    フィルターを使用して、レポートに表示されるデータを制限できます。フィルターを追加するには、次の手順に従います。

    1. レポートの上部にある [ + フィルタの追加]ピルをクリックします。
      add filter
    2. データは次の方法でフィルタリングできますタグカスタムフィールドデバイスタイプ。フィルタパネルを使用してフィルタ基準を設定します。次の例では、フィルタを適用します。
      • タグ = オンデマンドトレーニング AND
      • カスタムフィールド製品 = ビデオクラウドと
      • 国= アメリカ
      report filter
    3. [ フィルタの適用] をクリックします

    適用されたフィルターは、レポートの上部にある丸薬に表示されます。各ピルには、フィルタータイプと最大 2 つの値が表示されます。最大 3 つの丸薬が表示されます。

    Day  Performance

    追加のピルはオーバーフローピルに折りたたまれ、ホバー時にツールチップに表示されます。

    Day  Performance

    フィルタを削除するには、ピルをクリックして、フィルタパネルからフィルタをクリアします。

    フィルターの使用に関する注意事項

    •  ストリームタイプを使用できるのは、アカウントで Brightcove Live が有効になっている場合のみです
    • アカウントでカスタムフィールドが有効になっていない場合、カスタムフィールドセクションは無効になります
    • フィルタの種類右側にあるプラス/マイナスボタンを使用して、フィルタを追加/削除できます
    • フィルターは適用されているように見えますが、Analytics モジュールのすべてのセクションに適用できるわけではありません。
      • 特定のビデオまたはプレーヤーにドリルすると、タグとカスタムフィールドフィルタは適用されません(ただし、ビデオまたは日単位でのプレーヤーのディメンションは唯一の例外です)。
      • エンゲージメントレポートのエンゲージメントグラフ
    • フィルターを適用すると、分析データの読み込みに少し時間がかかることがあります
    • フィルタータイプ
      • 全て -含める必要があります全て
      • どれでも -含まれる可能性がありますどれか
      • なし -含める必要がありますなし選択した値の

    レポートデータのエクスポート

    レポートデータのダウンロードは、コンマ区切り形式とExcel形式で可能です。エクスポート機能は、データをから直接保存することに注意してください。 Analytics API電話。エクスポートされたデータはUIデータのようには操作されず、UIで表示されるフィールドのサブセットのみでなく、レポートの基礎となるデータすべてを含んでいます。UI に表示されるものとエクスポートされたデータとの相違点は次のとおりです。

    • 異なる単位(分対秒)
    • 数値の四捨五入
    • UIのどこにいるかに関係なく、データのエクスポートには、パフォーマンス指標とエンゲージメント指標の両方が含まれます
    • Others/Third Party エントリは、関連するビデオ ID またはビデオ名なしでエクスポートされます。

    すべてのデータをAPIの元のフォーマットで保持することで、UIで提供される方法以外でもデータを操作することができます。

    Export Data

    レポートは印刷に適したスタイルシートをサポートしています。したがって、レポートを印刷したりPDFに保存すると、印刷用のページが生成されます。


    ページの最終更新日26 Oct 2021